第二の人生 定年後に犬を飼いたい

暑い夏に気をつけること

暑い夏に気をつけること

暑い夏に特に気をつけること

2012年は恐ろしいほどの暑さ、猛暑の夏となっています。
人も犬も動物も例年より熱中症での搬送が多いようです。

 

残念なことに窓を閉め切った車内での死亡事故も起こってしまいました。
人間だって車内に取り残されたら1分でもう息苦しい暑さですよね・・・
少しの間と軽く考えるのではなくっ策には策を。
命にかかわることは過保護なほどに考えてもいいと思います。
それで万が一の不慮の事故が防げるのであれば。

 

 

夏に気をつけて欲しいこと

 

 

散歩のタイミング

夏場の散歩は気配りが必要です。
犬は寒さには強いものの、暑さには弱い上、人間よりずっと体高が低い分、アスファルトからの反射熱をもろに受けてしまいます。
時々、真夏の日中に犬を散歩させている人を見かけますが、犬にしてみれば相当きつい状況です。
そんあ状況でするのであればいっそ散歩しない方がマシです。
夏の間は朝方や夕方以降にしましょう。

 

真夏のアスファルトは60℃を超えることがありますので、
真夏の散歩前にはアスファルトの表面を手で触って熱さを確認することをおすすめします。
これがかなり暑くて驚くことと思います。人は靴をはいてますが犬は直接触れるのでやけどになることもあります、十分注意しましょう。

 

ブルドッグのような短吻種では暑さによって呼吸困難になるケースもありますので、
特に注意してよく様子を確認しながら散歩をしましょう。

 

最近では暑さ対策のために水に濡らすことを前提とした犬用のTシャツや、
保冷材を入れるポケットがついたTシャツやバンダナなども市販されていますので、そうしたものを利用するのもいいでしょう。

 

 

食事

夏の時期はドライフードを与えている場合、暑さと湿気で品質が劣化することがあります。、
少量を買い求め、なるべく早めに使い切るようにするか冷蔵庫で保管するのもおすすめです。
犬が暑さのため食が進まないということがありますが、そのような時には水やスープなどでふやかす、
缶詰やレトルトなどのウェット製品をトッピングするなどして少しでも食べやすいように工夫してみてください。

 

食事の他に大事なのはなんと言っても水分です。
体の中の水分が15〜20%失われると死に至ると言われるくらい水分は重要な要素なのです。
ですから、新鮮な水がいつでも飲めるようにしておきたいものですね。
あまり水を飲まない子であれば、散歩後には犬用のドリンクもおすすめです。

 

 

部屋の生活環境

室内犬でエアコンを使用している場合は冷やし過ぎに注意を。
夏場、犬が快適に過ごせる気温は、おおむね25℃くらいと言われています。

 

ご存知のように冷たい空気は暖かい空気に比べて重いため下にたまりますから、
エアコンの送風口を下向きにしてしまうと冷たい空気と暖かい空気との層ができてしまいます。
犬だけ寒いということも十分起こりえます。人と同じように自律神経が乱れ体調を崩す場合もあります。
ですので、エアコンの送風口を水平もしくは上向きにし、
さらには扇風機を上に向けで冷たい空気を撹拌するのがベストです。

 

エアコン使用で怖いのは留守番をさせる場合、停電や故障などでエアコンが止まってしまうというアクシデントもありえることです。
そうなれば熱中症の危険も。蒸し暑い家の中で熱中症になることもあります。
一部分の窓を開けておくとか、電気が止まってしまった時にはどうするか、その対策なども考えておきたいものです。

 

もしエアコンが無い場合はどのくらいの暑さになるのか、地域にもよりますが購入をおすすめします。
エアコンも無く、窓も締め切った部屋では生き地獄ということをお忘れなく。
人が外で涼しい環境で働いている間、部屋の中は恐ろしい暑さになっている場合がとても多いです。
もしエアコンを購入できなければその他の対策を考えましょう。
窓を数箇所開けて扇風機をかけ風の通り道を作る。最近はそれ専用の窓の鍵が売っていますので
防犯面で不安な場合は使用するのもいいでしょう。日が入らないようにする。
ただし窓を閉め切って扇風機だけかけても犬にとっては全く意味が無く涼しくありませんのでご注意を。

 

外飼いのコの場合は木やすだれを使って直射日光があたらない場所に犬舎を移動したり
地熱が伝わらないよう犬舎と地面との間に隙間を設ける、
打ち水をする、風の通りをよくする、冷却マットを使うなど少しでも快適に過ごせるように工夫をしてみてください。
犬は暑さも苦手ですがより苦手なのが湿気。風通しが良くなるよう風の通り道を考えてあげましょう。

 

 

被毛

暑くなってくると愛犬をサマーカットにするオーナーさんも多いですが、
被毛を短くカットするということには弊害もあります。
犬の皮膚というのは人間のものに比べてずっと薄くデリケートにできています。

 

その皮膚を暑さ寒さや紫外線、傷、虫刺されなどの外部の刺激から守ったり、
断熱・保温の役割を果たしているのが被毛なのです。
極端に短くカットする、地肌が見えるほどに丸刈り状態にしてしまうということは、
そういった外部からの刺激から体を守れなくなるということでもありますので、
カットするにしてもその度合いには気配りが必要でしょう。
丸刈りにされ紫外線のしみだらけの犬をよく暑い地域で見かけたものです。

 

犬種や毛質、個体によってどのくらいカットすべきか専門の獣医と相談しながら
決めてください。

 

 

ノミダニ、フィラリア予防と対策

夏になるとこれらの予防はしっかり行ってください。
散歩や旅行から帰ってきてうっかり犬の体に付着してたり、フィラリアに感染してたり、なんて事があります。

 

ノミアレルギー性皮膚炎、貧血、瓜実条虫(さなだ虫)、細菌などの二次感染
最悪では死に至る事もありえますので、十分な注意が必要です。
動物病院で毎年のワクチンや薬を購入するのがおすすめです。
最近ではインターネットで購入も出来ますがすでに感染してないか一度調べることが大事です。
フィラリア予防はペットくすり
毎月の投薬が必要なフィラリア薬。安ければ安いほど嬉しい。そんな飼い主さんの希望をかなえます!

 

 

 

万が一のときの対処

  • 呼吸の仕方が浅くて速く、緊迫しているような状態になる。
  • 口からヨダレを垂らしたり、泡を吹いたりしている。
  • ぐったりしている。
  • 痙攣が見られる(呼吸が緊迫すると過呼吸状態になり、血液中のpHが変化することから痙攣やてんかんのような発作を起こすこともある)。
  • 体温の上昇。

 

暑い夏にこれらに症状が見られた場合には

 

  • 少しでも早く涼しい場所へ移動させる。
  • 体に水をかける、濡らしたバスタオルで体を包む
  • 扇風機を使う、エアコンをつける、
  • アイスノンや水で濡らしたタオルなどで脇の下や内股、首の周り(頚動脈のあたり)を冷やすよう努める。
  • しかし、体表の血管が収縮して体の奥の熱を逃しきれないこともあるため、冷やし過ぎにも注意を。体温が39度以下にならないように気をつける。
  • 水が飲めるようなら与えてもいいが、呼吸が緊迫していると誤飲することもあるので一気には飲ませないように。犬用のスポーツドリンクもいい
  • そのままできるだけ早く動物病院へ連れて行き、治療を受ける。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ