第二の人生 定年後に犬を飼いたい

大切・フィラリア予防

大切・フィラリア予防

フィラリア予防が大切なわけ

「犬フィラリア症」について

 

犬フィラリア症は心臓の病気です。 犬フィラリアは、犬の肺動脈や心臓に寄生します。
犬フィラリア症は、蚊が媒介する犬フィラリア(犬糸状虫、犬心臓糸状虫)という寄生虫の成虫が、犬の肺動脈や心臓に寄生して起こる病気です。
犬フィラリアが寄生することで血液の流れが悪くなり、様々な障害が出現します。放置すれば死に至ることもある、犬にとっては重大な病気です。

 

 

 

 

予防策

 

 

毎年のフィラリア予防。
暖房が普及していて、蚊が越冬できる環境の現在では、
1年中フィラリア予防薬投与を推奨する獣医師、トリマー、動物看護士も多くいます。
一度かかったら犬にもオーナーにも負担の大きい犬糸状虫症にはやっぱり予防が一番です!

 

 

 

春から秋の必要な期間に毎月1回薬を与え続ければ、確実に予防することが できます。
ただし、毎月1回の投薬やシーズン最後の投薬を忘れてしまうと、感染する危険性が高まります。
予防をはじめる前には、幼虫が寄生していないか検 査することも大切です。
前の年に予防していても、最後の薬を飲んだあと蚊にさされていたり、与えたつもりが忘れていたりすることもあるので、
予防する前に血液検査を受け、そして 薬は獣医師の指示通り、毎月忘れず最後まで飲ませるようにしましょう。
犬フィラリア症の予防と同時に、猫回虫や猫鉤虫など消化管内の寄生虫予防も行ってお くことをお勧めします。

 

***もし検査しないで既に寄生しているところに投薬すると
心臓に死んでしまった幼虫などが詰まってしまい犬の生命に大変危険だからです!!

 

 

 

フィラリア薬として日本で有名な薬は、カルドメック、レボリューションです。
フィラリア薬はジェネリックの種類も多く、錠剤タイプやチュアブル(お肉風味で四角い形状)、
ノミダニ薬と同じように肩甲骨の間に垂らす液状タイプのものとさまざま。
おうちのわんちゃんや猫ちゃんにあった形状をお選び下さい。

 

病院に行く時間が無い、少しでも安く手ごろな価格で購入したいという方には
こちらのペットくすり ショップを覗いてみてください♪
送料無料でジェネリック薬品も扱っており、ただいまセール期間中

 

 

ボンボンセール!ジェネリック全品20%オフ!


ホーム RSS購読 サイトマップ