第二の人生 定年後に犬を飼いたい

飼いやすい犬種とは

飼いやすい犬種とは

犬を飼うために

犬を飼うとなると

 

住居の事・金銭的な事・時間の事などを考え準備するので多大な労力がいります
一番の関心ごとは新しく迎える犬を雑種なのかMIX犬なのか、または純血種なのかを考えることですね

 

 

 

世界ではおよそ約700犬種があるとされ
日本では約189犬種が登録されています
2011年度では約130犬種が登録されているので実際に飼われているという事が分かります。

 

 

犬種によって
原産国・歴史・初期の犬種としての目的・性質・体格・見た目
すべてが違い、同じイヌ科なのにその違いに驚くこともあります

 

 

 

新しくイヌを迎え入れる場合は
飼い主さんのライフスタイルに合った犬種を選ぶ事が大事です

 

 

運動好きなアクティブな方なら一緒に遊びに行けるタフな犬種

 

犬とゆったり過ごしたいなら大人しく穏やかな犬種

 

人付き合いが多く家にいろんな方を呼ぶのであれば人や子供が大好きな犬種

 

番犬のように家を守って欲しいなら防衛本能、忠誠心が高い犬種

 

 

*もちろん犬種によって一概にこうだ、と断言は出来ないので1番はしつけが肝心。
ですが、しつけ次第なところはありますが飼い主の気苦労、犬のストレスを減らすためにも犬種は吟味してください。
小さなマンションで牧羊犬の様なかなりの運動量を要する子を閉じ込めてはいられませんよね。

 

 

このホームページでは定年後のご夫婦が飼いやすいだろう犬種を主に
紹介させて頂きますので、ご参考までにご覧ください。

 

定年後の団塊世代に飼いやすい犬種とは?

 

犬種の前にこんな犬が飼いやすい

 

 

 

・小型犬
中型犬以上になると万が一の時に静止が出来ず事故や怪我に繋がったり
犬が病気で面倒を見る時に体重、体格が大きいととても苦労します。
(力が弱い犬種もいいですね、運動量がそこまで必要じゃない犬種も大事ですね)
私は室内飼いを推奨してますが小型犬だと場所もあまり取られません!

 

 

・抜け毛が少ない
犬種によっては毛がまったくと言っていいほど抜けない犬種がいます。
基本的にずっと毛が伸び続ける犬種がほぼ抜け毛がないです。トイプーやシュナ
ですが毎日に近いブラッシングや月1程度のトリミングが必要なので時間とお金がかかります。

 

 

・あまり吼えない
穏やかに家の中で暮らすのであれば必要最低限吼えないで欲しいですね。
吼えることを仕事としてやってきた犬種以外がいいでしょう。

 

 

・穏やか
終始穏やかで子供やお年寄りとも仲良くできる。警戒心が高くない犬種だと
人間側も穏やかに暮らせますね。

 

 

・賢い
打てば響くような頭脳の持ち主で何でも喜んで習得する子だとなんといっても楽しく
可愛く思えますね。飼育もやりやすいでしょう。

 

 

・運動量が適度でいい
毎日何十キロもお散歩や運動はなかなか難しいと思います。
あまり多くの運動を必要としない、毎日のお散歩で十分足りる犬種だと
飼い主さんの負担も減り健康にもいいですね。

 

 

・愛嬌
子供が手を離れた団塊世代だからこそ、まるでわが子の様に愛おしい子を迎え入れたいですね。
本来の番犬の様に忠実であまり表情が変わらない、おちゃめなとこを見せない犬・・・と
言うよりはまるで人の心が分かるような優しく愛嬌たっぷりの子だと何倍も暮らしに潤いがあふれることと思います。

 

 

 

以上を踏まえて左上メニュー一覧で犬種別に紹介していきますので
ご覧ください

 

こちらもご覧ください♪
一人暮らしでも飼いやすい犬種

 

ドイツの犬

 

 

***   ***
雑種やMIX犬もそれぞれ素晴らしい特徴、性質を持っています。
しかし最初に迎え入れるのにある程度成長していないとどんな性格、体格、性質か分かりづらいので
ご注意してください。私は柴犬似の雑種も飼っていたので素朴な性格のその子が大好きでした

 


ホーム RSS購読 サイトマップ