第二の人生 定年後に犬を飼いたい

良心的なブリーダーとは

良心的なブリーダーとは

良心的なブリーダー・ペットショップ

犬を迎え入れようと考えた時、最初にペットショップに向かいますか?
それともブリーダーのところや保健所、保護施設に行きますか?

 

日本では可愛く小さな子犬を喜んで飼う方が多いのが現状です。
そして捨てられるのもまた、多いです。

 

 

私は正直大体のペットショップが嫌いです。
生後間もない子を親や兄弟から離し、小さい箱に入れて販売する方法は
小さな牢獄と同じです。犬の一生が短いのを考えれば当たり前ですね。

 

店頭販売を禁止するのに賛成で、どちらかというと成犬を扱って頂きたい。
実はノルマや昇給制のお店が多いのが事実で必死でお客さんに売りつけようとします。
生き物を扱う商売なのになんて理不尽なんだろうと思います・・・

 

 

生後間もなくまだ体も強くないのに親元から離されると
免疫力が弱く病気になりやすいんです。
ペットショップで店頭に出ることもなく亡くなる子もいるんです。
裏ではケンネルコフといういわゆるセキがひどい犬風邪にかかって隔離されていたり
休む暇なくお客さんに抱かれストレスフルの状態だったりと、健全じゃない不健康な子がたくさん。
犬らしい行動をあの小さい箱でしてる子は皆無です。

 

 

ブリーダーさんもまた同じです。
すべてではないですがただの繁殖家、お金儲けマシーンとして犬を考えてしまっている所もあります。
次から次へと生まして売って・・・の繰り返しで本来の犬のかけあわせや性質なんてお構いなし。

 

すべてのペットショップ、ブリーダーではないですが、
そんな所から飼うのは多くの問題が残っています。

 

もちろん健康体で素晴らしい子に育つ可能性は十分にありますし
最近は社会性を身につけるため子犬同士一緒に遊ばせるところもあります。
決してペットショップで飼うのが悪いとは思いません。

 

悪質劣悪なペットショップやブリーダーではなく
犬を第一に考え第二に飼い主さんの事を考える
心から信頼できるところから飼いましょう。
保護施設でも素晴らしい中身を持った子が実は多いので足を運ぶことをおススメします
成犬が多いですがある程度しつけが出来ている子だと手もかからず負担が少ないでしょう。

 

 

良心的なお店のポイント

 

  • 犬の知識が豊富で犬の理解が深い。
  • アフタフォローがしっかりしている。
  • どんな子が希望で飼育環境や職業、性格、家族構成などを確認し犬種の説明をしっかりする。
  • ブリーダーであればご自身でも犬を飼っている場合しつけが出来ている
  • ペットショップであれば清潔、知識がある、幼すぎる子を扱っていない、
  • 小さい箱に入れてなく自由なスペースで遊べるようにしている
  • 売ろうとがむしゃらじゃない。
  • 犬に愛情がある。

 

納得できるまで、時間をかけてください。
ぴったりな子に出会うまで、ゆっくり待ってください。

 

皆さんが素晴らしい子と素晴らしい時間を迎えられるよう願います。


ホーム RSS購読 サイトマップ