第二の人生 定年後に犬を飼いたい

病気予防

病気予防

病気予防

愛犬の健康状態は常日頃から飼い主さんが注意して対処するが何よりも重要です。
犬が患う可能性のある病気について知ることで少しでも未然に病気の予防に努めましょう
犬が患う危険のある病気はたくさんあります。
大切な愛犬がずっと元気で健康に長生きしてもらうために、
愛犬の健康維持は飼い主様にとって大切な役目なのです。

 

 

犬はとても我慢強く本能的に痛みや弱さを隠そうとしてしまいます
そのため病気の発見が遅れたり、原因が取り除かれないことによって
ストレスや攻撃的になったりする事もあります。

 

痛みがあるときの症状として

 

舌を出して唇をペロペロしたり、落ち着かず歩き回ったり、
逆に動きたがらなかったり、横たわることを嫌がる。

 

*大きな口を開けてあくびをしたりおなかを出して寝ているようであれば
痛みはないと判断しても大丈夫そう。

 

 

明らかな症状が現れている

 

吐く、呼吸が荒い、下痢、ぐったりしている、足をピョンピョンして跳ねる、
セキをする、ゼーゼー音がする、動かない、攻撃的、触られるのを嫌がる、便秘・・・

 

 

犬の様子がいつもと違う場合は病気の可能性が高いのですぐに病院に連れて行き診察してください。
犬は言葉を発しないので病院でも原因が分からない時もあります。
その場合は油断せずに症状が良くなるまで様子を見て、病気以外の原因も疑い観察しましょう。

 

 

常日頃から健康チェックを怠らず、半年に1度程度の定期的な診察を心がけ
狂犬病・混合ワクチン・フィラリア予防なども忘れずに

 

ペット保険一括資料請求【無料】 保険の一括比較もして備えましょう


ホーム RSS購読 サイトマップ