第二の人生 定年後に犬を飼いたい

犬の迷子防止について

犬の迷子防止について

迷子犬防止方法や考え

数年前の事を思い出しました。

 

これは実際にあった話しです。

 

【その前に・・・】

 

犬が迷子になって帰れない

 

 

犬には帰巣本能があるといわれているから帰ってこれるはず・・

 

ですが現代の犬はそうとも限らないようです。
近場の散歩のみで遠くまで出かけたりしない事も多く土地を覚えていない。
嗅覚や方向感覚を鍛えられていない。

 

 

現に花火大会で大きな音に驚き飛び出したまま帰らない、
台風などでパニックを起こし逃亡。首輪が外れてそのままどこかに・・
パニックを起こし何十キロも遠くに行ってしまった場合は
帰れない場合も多いようです。

 

 

 

 

絶対に帰ってくる
と過信していては大きなトラブルや事故に
巻き込まれてしまう可能性が大きいのです!!

 

 

 

 

当時仲の良かった友人家族が飼っていた一頭のトイプードル。
おとなしく可愛らしい犬でした。

 

 

散歩の際に逃げないからとたまーに離して歩いていたらしいご家族。
ある日戻ってこなくなり行方不明に。

 

 

犬が戻ってこないなんてあまり考えられませんよね?
鼻は良いし、いつもの散歩道。
老犬でもあるまいし、家が分からないはずはない。

 

 

新聞の広告欄に迷子犬情報を出しても何もなく
数日おかしい、どこ行ったんだろう、事故かな・・・

 

 

なんて落ち込んでおりました。

 

保健所にも連絡済みでしたが
ある日似たような犬を保護したとの連絡が!!

 

 

気になっていたので私も付いて行くと

 

なんと!!!

 

 

頭や体の毛が変!!!!

 

 

虎刈りというか微妙な感じでバリカンされてしまっていました。。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

推測ですが犬が逃げた時に近所?かどこかの方が飼おうとして
一度は保護し毛をカットしたけど結局捨てて保健所に連れてきた。

 

 

もしくはまたその家から逃げてきた。

 

新しい首輪と毛が確実にカットされていたので
どこかに保護されていたのは間違いないようです。

 

 

でも保健所に連絡も新聞を見ての連絡も無かったので
ご自分で飼おうとした可能性が高いですよね。

 

 

結構このような事件はあるようです。
北海道札幌でもブルが誘拐されて最終的にベランダから投げられ
亡くなりました・・・・

 

 

すっごく恐ろしいですよね。
ましてや成犬を飼おうだなんて、
その数年飼い主がどんな気持で育てたのかなど
その飼い主の気持を考えられないのかな?と
思います。

 

 

愛犬家であればご理解頂けるかと思いますが
人の子を誘拐するのと大して変わらないくらい恐ろしい事です!

 

 

 

という事で万が一迷子、誘拐された場合を想定して
迷子対策をした方が安心ですね。

 

 

 

  • 電話番号や住所を記載した迷子札を首輪につける
  • 病院でマイクロチップを埋め込む
  • 犬用のGPS首輪を散歩時につける
  • 大型犬や保護施設ではリードを2つする事もあります

 

 

マイクロチップですがGPS機能はなく
こわんちゃんがどこのわんちゃんなのか認識するためのものです。
なので保護された後に効力がある感じですね。

 

 

GPS首輪は海外だとたくさん販売されていますが
今のとこ良さそうなGarmin ガーミン などは高めですかね・・

 

あとは狩猟犬用のがありますがこれも2,3万円以上

 

 

他のGPSはリアルタイムじゃないので
なかなかまだ普及しておりません。

 

 

 

 

 

いなくなった場合は速やかに

 

保健所・動物保護センター・交番


ホーム RSS購読 サイトマップ