第二の人生 定年後に犬を飼いたい

犬の爪きり

犬の爪きり

犬の爪きり編

ワンちゃんの日々のお手入れの中で欠かせないのが「爪切り」ですね。
しかし、触られるのが苦手な足先のお手入れなので、一番難易度の高いお手入れとも言えます・・

 

ワンちゃんの爪切り、上手にできますか?

 

 

爪切りをしないとどうなるの?

 

  • 爪が伸びすぎると足の裏に刺さる
  • 歩行に影響が出る
  • 伸ばしすぎると血管も伸びる

 

運動不足の犬は爪が早く伸びてしまいます。
切らずに放っておくと丸く巻き込み、肉球に刺さったり、中の血管が伸びて、わずかに切っても出血するようになります。
小型犬は最低でもひと月に1回はカットしましょう。大型犬は体重が重く、伸びるのも遅いので地面に当たったら切るようにしましょう

 

 

とても参考になる動画がありましたので、まずはご覧ください。

 

 

 

爪切りは
「苦手な足先を触られる、拘束される、失敗されると痛い」事から
苦手で嫌いになってしまうワンちゃんが非常に多いです・・
爪切りを激しく嫌がる場合はこのいずれかがトラウマになっている場合があります。

 

その場合はまず日ごろからボディコントロールを取り入れ足先を触れるようにしておくことが重要です。
もちろん口の先、口の中なども。

 

また、爪を切るときに飼い主さんも緊張して力が入りすぎていることが多いです。
力を入れ過ぎて腕を引っ張ればワンちゃんは逆に引き返そうとしてしまいます。
まずは飼い主さんも落ち着いた気持ちで爪切りに取り組むようにしましょう。

 

狼爪も確認し、切ってあげましょう

 

犬の狼爪とは前足と後ろ足の通常地面に接していない指の爪のことです。
一番内側の指なので、親指に相当する指の爪です。

 

たいていの犬は生まれたときに前足には狼爪があります。
犬種による傾向もあり、生まれた時に後ろ足に狼爪がある場合とない場合があります。
普通に伸びてくるのにまったく擦り減らないので、伸びたときにカットする必要があります。

 

 

第二の人生,定年後,犬,飼いやすい,室内犬,初心者


ホーム RSS購読 サイトマップ