第二の人生 定年後に犬を飼いたい

家でできる耳のお手入れ

家でできる耳のお手入れ

耳のお手入れの仕方

犬の耳のお手入れの仕方

 

第二の人生,定年後,犬,飼いやすい,室内犬,初心者

 

 

 

市販のイヤークリーナーを耳の中に適量垂らし、耳を後ろからつまむように揉みます。
中を脱脂綿や綿棒などで拭き取ります。
イヤークリーナーの代わりに、人間の赤ちゃん用のベビーオイルを脱脂綿につけて拭いてもいいでしょう。

 

犬の耳の中はとてもデリケートにできているので、強くこすり過ぎないように気をつけてください。
綿棒で耳の奥まで掃除をすると、かえって汚れを押し込んでしまうことになりますので、
綿棒を奥のほうまで使うのは控えたほうがいいと思います。

 

なお、犬種によっては耳の中にまで毛がびっちりと生えているコがいます。
そのままにすると通気が悪くなって、汚れもたまりやすく、外耳炎を起こしたり、
耳ダニなどの温床になりやすいので、耳の中の毛をある程度抜いてあげます。
その際には、イヤーパウダーを振ってから指先で抜いたりしますが、うまくできない場合にはトリミングサロンなどで頼むといいでしょう。

 

犬の耳の形にはいくつかタイプがあります。
特に垂れ耳のコは通気性も悪く、汚れもたまりやすいもの。
なるべくこまめに耳の中のチェックをしてあげてください。
匂いで異変を感じ取ることも出来ます。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ