第二の人生 定年後に犬を飼いたい

イイ子に育てる方法

イイ子に育てる方法

イイ子に育てる方法

自宅の中では穏やかで静かに、安らいでくれたら
静かで、可愛く、こちらまで心穏やかに過ごせることでしょうね♪

 

しかし家の中でワンワン吠えたり、走り回ったり、騒がしいワンコも多いのが事実。
もちろんそこから訓練次第で、直すことは可能ですが出来れば初めからイイ子に育ってほしいですよね。

 

今回は簡単でとても大切なポイントをご紹介。

 

 

愛犬を自宅の中でイイ子でいてもらう方法

 

散歩

ワクチンが打ち終わり免疫が付いたら 毎日2回以上(1回30分以上)は外へ連れていき、
散歩や運動。+ただ歩くだけではなく、社会勉強社会経験(車・人・犬慣れ・色々な状況変化)
を十分体験させる。
無駄吠えなどほとんどの場合運動不足からくるストレスが原因とも言われています。
なので毎日十分運動をするだけで驚くほど穏やかになるワンコが多いんですね。

 

 

 

過干渉をしない

家の中で構いすぎない、甘やかさない、自由にしすぎない、遊びすぎない!!
毎日外へ連れていっているのに慣れない子は、室内での過保護が
大きな要因なのです!過保護に育てば叱ったって言う事は聞きません!
運動、訓練、遊び、お手入れ、などは出来ることは外で行う。

 

家の中は大人しくしている所、そう育てれば無駄吠えもなく終始穏やかに
安らげるようになります。これは子犬のときから家族で徹底する必要があります。
おもちゃなどでヒートアップさせる遊びはあまりよくありません。
毎日外で遊んであげるといいですね。

 

 

とても簡単ですが実際に行うとその違いに驚くかと思います。
現にあるブリーダーさんでも行っている方法で、見事に室内ではおとなしく
穏やかに過ごしている犬を拝見させていただきました。
もちろんしつけることがあった際は室内でもきちっと対応されます。
ポイントは欲求吠え・興奮させないことですね。

 

 

 

何歳からでも間に合いますので、ぜひお試しください。


ホーム RSS購読 サイトマップ