第二の人生 定年後に犬を飼いたい

北海道でのトリミング事件

北海道でのトリミング事件

事実として判断材料にして頂ければと思います

本日温厚な私が他人様に対して憤慨してしまいました。
なぜなら、犬という小さなかけがえのない命を扱う仕事についている人間としては
許せない対応や言動と心底思ったからです。

 

少なからず短い期間ですが過去ペットショップでの経験、上に立つものの考えなども
ある程度理解していますが、それをふまえても本当に許せないと感じてしまいました。

 

 

 

北海道ジョイフルエーケー5店舗展開している 
大型ホームセンターです。問題が起ったのは帯広店。

 

我が家のワンコも何度もトリミングお世話になっており、2匹はここから飼ったわけです。
信頼しておりましたし、ここのセルフトリミングで自分でワンコを洗う事も何度かありました。
おもちゃやフードも買うことだって何度もあります。

 

昨日母が茶色のトイプーワンコをトリミングで連れて行きました。
おとなしくまだ1歳になったばかりです。

 

約2時間後

 

我が家には可愛くなったワンコが帰ってきました。
ただ目がなんか見えない・・・?目の上あんまり切られなかったのかな?

 

1時間後父が帰宅。
えらく居間が騒がしいのです。なんだこれ?どうした!!どうなってんのよ?!

 

え・・?と思い居間行くと父が動転。
犬の目が開いていないと言うのです。

 

見てみると確かに1mmも開いていません。閉じています。
目を開いてみても目は死んだような活力もなくだらーんとしておりこれはおかしいと異常に気づきました。

 

とりあえず病院だ!けどトリミングサロンに電話して何かあったのか聞いてみようと私が言い、母が電話。

 

一部始終
母「先ほど犬を預けた○○ですけど、帰ってきてから目がショボショボしてておかしいんですが、そちらで何かありましたか?」
店「あの、お預かりして頂いた申し込みの紙にも記載ありますが事故や怪我があってもこちらは一切責任はとれませんので」

 

・・・
母「いや、そうじゃなくて、犬の様子がおかしいから思い当たることがないのか理由を聞いてるんですけど!」
店「少々お待ち下さい」

 

店「いえ、何もなかったようですね。1日様子を見てください」
母「そうですか・・分かりました」

 

 

私、いやいや1日様子見るも何も明らかに異常なのでこれは即効病院です。
いつもお世話になっている病院が夜7時まで開いている事も幸いし、病院に連れて行けました。

 

 

先生がこれはちょっと危険ですね・・という言葉から始まりいくつかの検査をして頂きました。
フルオレセイン検査といって緑の特別塗料?をたらし角膜表面の傷の有無を見る検査ですね。
本来キズがなければ緑色の物は流れ落ち何も色はつかないみたいです。
しかし我が家のワンコの両目には広い範囲での緑に染まった目がありました・・

 

先生「これはかなり角膜が傷ついている状態です。危険ですね。」
部屋を暗くしてライトで何度も目を検査。

 

そのときの心境と言ったら、まさか。ですよ。そんなひどくないだろうと思っていたのに、胸が苦しくなりました。

 

 

これ以上ひどく掻いてしまったりしたら失明の危険性もあるかなり危ない状況との事で自らの血清で作った目の薬と抗生物質を出して頂き、また3日後に来院予定。

 

 

先生は明言は避けましたが、原因としてはトリミング中、例えばシャンプーが目に入ってしまった、その後自分で掻いたとか色々考えられるとおっしゃっていました。角膜損傷というのははっきりしてるけど、これが原因だとは言えませんと。

 

確かにその通りではあります。
しかし最終的に自分でかいたにせよ、要因の8割はトリミング中の不注意ではないでしょうか。
お金を払っている以上、安全にトリミングをしていただく権利もあると思います。
そして治療費は5000円かかり、これから何度か通院する事に。
トリミングで5000円払って、病院代も払うとは・・なんとも私は納得がいきません。
地震や事件、事故とはまるで類が違うと思うのです。

 

 

ということで次の日母がお店に電話を。
母は冷静ですので、こうなってしまった原因は何か担当の方にもそれを確認して折り返し電話下さいとお伝えしました。

 

すると、ものの5分もせずに折り返しがかかってきました。
その間母は外出してしまい、私が出ることに。本当は出たくなかったんです・・相手の態度しだいでは憤慨してしまいそうだから。
というか、5分で折り返しとは本当にただ確認しただけで対応を話し合うわけでもなく、即効かけてくるって・・・ちょっとね。

 

男の責任者という方が電話くれました。名前メモるの忘れましたが。
簡単に要約しますと・・・

 

 


「店では一切普通で、異常はありませんでした。担当者も何も問題なかったと言っている。」
「紙にも書いてある通りそのようなことでもわれわれは責任を負いません。それを承知でお預かりしております。」
「万が一シャンプーが入ったと思われる場合には最後目薬をさします、しかし今回は入っていないと判断し目薬はさしていません。」
「さしていたらもしかしたら大丈夫だったのかもしれません。申し訳ありません」
「治療費は全額お支払い致します、病院の名前を教えてください。また電話した方がいいですよね?電話します」

 

 


「免責事項はそこまで詳しく書いていることではないし、失明の危険があることなんて一度もいわれた事がないし、地震や事故なら分かる」
「最初の母がかけた電話で、1日様子を見ろと言っていたがそうした場合確実に悪化して最悪の状況になった可能性もある」
そもそも動物看護系の資格もないトリマーさんだけならそんな事言えないでしょう。すぐに病院行ってくださいが妥当だと思いますが。
「私はあなたがそのような態度で、何回も通っていた店だけに信頼感もボロボロだし、正直許せない、謝罪の言葉何一つなく、免責があるからと許せるわけがないでしょう」
「目薬をしていた場合大丈夫だったかもしれないとはそちらの責任ではないのか」

 

 

もちろん最初は向こうが謝罪や何か弁解の余地があるなら
ここまでひどい話し合いにはならなかったと思います。
しかし開口一番に店には責任がない事、それをあなたも承知でしょ?というような話をされたのが命扱う現場として到底許せるものではなく手が震えながら話したものです。
事故は起こる時は起ります、誰のせいでも無い場合も多々あります。

 

しかし、今回の(いやトリミングサロン全般に言えるかもしれませんが)出来事の対応に私は命扱う現場の意識の低さに心底嫌気が差しました。
まだ油断できませんが、失明してたらと思うと本当に苦しいです。

 

電話してお客にそんな風に言われたら大丈夫ですか?すいません。とか言わないでしょうか?
言ったら責任を負わされるから頑なに言わないようにしていた可能性もありますが、だったら動物業界の上に立つ本物の人間ではないということです。
あんな免責訴えたらただの紙切れですよ。小額起訴もありますし。
働いている人は結局雇われですので、そう言わざるしかないのも分かります。
そもそも会社としての体質が腐ってるんではないでしょうか。
二度と利用する事はありません。ホームセンターペットランドもありますがあちらも耳切ったり、キズだらけになったり過去には死亡事故もありましたし。なので現在利用はしていません。
ホームセンター系を選んでいた私がバカだったということは、とても勉強になりました。

 

しかし、向こうが治療費を払ったから終わりではないのです。

 

きちんと最後まで確認して、やり遂げずに起った事ですから、
今後いかに対策をするのか、目薬を常にするのかなど改善してかなくてはいけないと思います。

 

ぶっちゃけお客が強く出ないとこうゆう生き物をお金としか思ってないお店は
何もなかったように終わらせようとします。
役員もそのような考えが多いというのも知っています。
いかに売れるか、回転あげるか動物の福祉なんて下の下の順位です。
たまたまそんな店だったのもあるかもしれませんが、それで私はペットショップなんて性に合わないと思って辞めてしまいました。
言ってしまうと動物ボラやってらっしゃる素晴らしい方々も家畜の肉大好きな人が多く、
そのような人は正直、理解できません。意味がまるでないように思います。

 

 

今もペットショップでのもガラスばりの子たちは見れませんし、可愛いなんて思いません。かわいそうに・・と。
それでも本当に動物を欲しくて探している方もいるだろうし、人生変わったという人が居るのも知っています。
けど・・日本も展示販売じゃなくちゃんとしたブリーダーや保健所などから迎え入れるようになることを切に望んでおります。

 

今回のことで安く大量にというトリミングサロンではなく高くても、
犬を大事にしてきちんと扱ってくれるところの重要性が分かりました。自分で洗う事も大事ですね。
命扱う立場で働くものは責任感、医療の勉強をして下さい。
トリマーが安い賃金というのも知っています。ペットッショップ店員も安いです。
それでもし、店員や技のレベルが下がっているのであれ、
業界全体で底上げしていかなきてはならないでしょう。そのぐらい大きな出来事と思います。

 

 

参考になるか分かりませんが、もしなにかあればお問い合わせからご連絡下さい。

 

 

*追記
3/4 あれから数日経ちましたがわんこの両目は素晴らしい回復をしております♪
両目はぱっちりと開いて、とりあえず失明の危機は去ったようです。
本当に安堵しております、良かった・・

 

しかし、あれから経過の電話をすると言ったにも関わらず一度も電話を頂けない、責任者さん。
あれ、その場限りの嘘でしょうか?めんどくさいクレーマーとでも思ってお電話嫌なんですか?
こっちだって喋りたくないからいいんですけどね。
対応が中途半端すぎてほとほと嫌気がさします。本当接客のせの字も出来ておりませんね。
分かっていらっしゃらないみたいですが、その客だけの問題ではないのですよ。
すべてこれからに繋がりますし、これだけで終わるんでしょうか?
何度も同じ事繰り返しそうですけど。。

 

どのような社員教育をされている会社なのでしょう。二度と関わりたくないです。

 

 

3/15
とりあえず収束。犬の目はほぼ回復。
なんだかどっと疲れました。他人にここまで嫌な気持ちにさせられた体験となりました。

 

上記の電話の件は直接病院に連絡していたみたいでしたね。
普通こちらに電話して訪ねるのが筋かと思いますが。
まぁもう勉強になったと思って全て終わらせました。本社にも電話しようと思いましたが
そのような会社・企業に関わるのも時間の無駄かと思い辞めました。
一応当ホームページがあるので、ここで注意喚起をさせて頂きます。
この事があってトリミング予定だった他のワンコも私が洗う事に。
シャンプーして、爪も毛も切って。難なく終了。
今回の事件は良い勉強にし、犬の命は飼い主が預かっていると
日々注意、関心を向けてあげなければと改めて思いました。

 

 

北海道でのトリミング事件関連ページ

最初に
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
犬の10戒
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
3頭でドタバタ
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
犬の年齢換算
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
シーザーミランについて
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
シーザーミラン 動画
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
シーザーミラン的な食事時しつけ
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
日本一のカリスマ訓練士 藤井聡 犬のしつけ法
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
ミニチュアシュナウザーについて
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
トイレの失敗について
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
愛犬が5歳に
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
我が家のお留守番用おもちゃ達
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
ドイツの犬
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
雨降りの時
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
寒いときには犬にも服
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
ベジタリアンと最近の動物保護と矛盾と持論
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
菜食について最近批判が多いので
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
賢く一人でお留守番
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
2013年個人的な犬との目標
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
白鳥見物
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
2013年はお引越し
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
シュナウザーのフケが・・ナチュラルバランスに変更
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
猛暑と犬
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
トリミングでまた起こった悲劇
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
初めての犬誕生日祝い
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
寒い日には犬と共に
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
犬と一緒にお正月 おせち?!
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
犬を高いところから飛び降りさせないで!
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
アニマルコミュニケーションお勉強
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
わんちゃんに人のお菓子をあげないで
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
3カ月自宅と外で犬のトレーニングしました
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの犬と幸せ に暮らす方法55
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。
ハリケーン ハービーペットの救援情報と寄付
定年を迎えた50歳、60歳代の団塊世代の方が第二の人生に犬を迎えるための応援サイト。 団塊世代の方でも飼いやすい犬種、犬の保険、ペットグッズ、飼い方などを詳しくご紹介。第二の人生を犬とともに歩みましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ